物流管理・追跡


商品の製造過程から顧客の手元に届くまで、Pelta™ + RFIDタグで管理・追跡します




商品の物流管理では、RFIDタグや2次元コードが使われます。個々の商品パッケージとパレットとに個別のコードを付けます。個々の商品パッケージとパレットとは、親と子の関係になります。RFIDタグ技術や2次元コードを使って、これら商品パッケージとパレットをそれぞれを把握します。 こうやって、製造過程から顧客の手元に届くまでの間、商品を管理追跡します。

物流管理においては、商品やパレットなどをシリアルに管理し、どこへどう出荷されたかを把握しなくてはなりません。 加えて、出荷の日時や責任者なども、商品をスキャンする時に同時に記録し、偽造や不正を防ぐ必要があります。

ページマークでは、製造業のお客様が商品の物流を管理追跡でき、かつ同じプロセスの中で商品の認証作業もできるソリューションを提供します。商品の認証にあたっては、Pelta™とRFIDタグとを組み合わせて使用します。 Pelta™コードは独自フォーマットで暗号化されており、作り直すことができません。また、スマートフォンでこのコードをスキャンした際の地理位置情報が記録され、怪しい情報は関係者に連絡がいく仕組みになっています。

物流管理・追跡ソフトウェアのメリット

カスタマイズや他システムと簡単に統合でき、既存のビジネス手順になじみます

ページマークの物流管理・追跡ソフトウェアは、カスタマイズが簡単です。ビジネスの複雑さや使っているシステムの数にかかわらず、既存の印刷業務に組み込んだり、カスタマイズしたりが簡単に行えます。

既存の2次元コードを活かせるソリューションです

この物流管理・追跡ソフトウェアは、Pelta™コード技術を使って、目に見えない暗号化された独自情報を書き込みます。RFIDタグと組み合わせたり、既存の2次元コードに統合したりが、簡単に行えます。

簡単に商品の認証・確認ができます

サプライチェーンの中において、いつでもだれでも商品のコードを認証・確認できます。

認証にあたって、特別なスキャナーなどのハードウェアはいりません

サプライチェーンのどこで商品を認証する場合でも、特別なスキャナーやリーダーなどのハードウェアを揃える必要はありません。

地理位置追跡とアラート発報ができます

Pelta™サーバーは、集めた位置追跡データによって、グローバルに商品の追跡ができます。 また、怪しい行為があった場合や、偽造品や不正の疑いがあった場合などには、それぞれのお客様用にカスタマイズしたアラートを発報することも可能です。

ブランドをコントロールします

商品がスキャンされ、デジタル認証される度、その内容はログが取られ、Petla™サーバーに蓄積されます。 商品履歴をいつでも確認することができます。



グローバルなリコールへの対応

リコールなどが必要になったとき、Petla™サーバーのデータを活用することが可能です。

層の厚い偽造対策ができます

個々の商品のサプライチェーンの履歴を把握するとともに、認証ソリューションを企業、顧客、捜査機関などへも提供することで、より層の厚い偽造対策が可能になります。

消費者への商品の信頼性が増します

消費者は、スマートフォンに搭載したアプリケーションを使って、購入前にその商品が偽物でないか確認できるようになります。