RFIDタグ


商品の個別管理に必須のアイテムです




RFIDタグシステムは、極小の無線ICチップを用いて、非接触でICチップ内のデータを読み書きすることで、さまざまな品物を識別・管理する仕組みです。

従来利用されてきたバーコードは、レーザなどでタグを1枚1枚スキャンするのに対し、RFIDでは、電波でタグを複数一気にスキャンできます。電波が届く範囲であれば、タグが遠くにあっても読み取りが可能です。

管理できる情報量の多さ、読み取り精度の良さ、読み取り可能な距離の長さなどのメリットがあることから、高度な商品管理や業務の効率化を実現するツールとして、ニーズが増えています。

ページマークでは、このRFIDタグとPelta™と組み合わせることによって、さらに安全性の高い商品管理・業務効率化を提供します。

RFIDタグのメリット

複数のタグを同時に読み取れます

バーコードは、レーザなどでタグを1枚1枚スキャンしますが、RFIDでは、無線電波でタグを複数同時にスキャンすることができるため、効率化が図れます。

距離があっても、箱の中でもそのまま読み取れます

電波が届く範囲であれば、タグが遠くにあっても、箱の中に入っていても、そのまま読み取りが可能です。


Pelta™と組み合わせることでさらに安全に

RFIDタグに使用されているICチップには、チップごとにユニークな識別番号であるTID(タグID)が記録されています。このなTIDとPelta™を連動させることにより、さらに安全性が高まります。

たとえば、
RFIDタグを商品に貼り付けます。Pelta™を含むQRコードを、その商品の「認定証・商品タグ」などに印刷します。RFIDタグのTIDとPelta™コードとが合致するか認証することで偽造を防ぐことができます。