医薬品


Pelta™が医薬品の偽造を防ぎます




国によっては医薬品の偽造が30%にも達すると言われます。この数字は人々の生命を脅かす可能性のある重大なものです。

医薬品会社はこういった偽造ドラッグと自社製品とをきちんと区別し、自社ブランドを保護する必要があります。 そのためには、医薬品を製造した時点から消費者がその薬を受け取るまでの間を追跡できるようにしなくてはなりません。 また、セキュリティソリューションそのものが偽造されないよう、複雑なセキュアプリンティング・ソリューションを取り入れることが必要です。

ページマークはこうした偽造ドラッグを防ぐ手助けをします。

医薬品業界向けソリューションのメリット

Pelta™により偽造対策が行えます

  • Pelta™は偽造のためのコピーが不可能です。

  • Pelta™は、既存の2次元データマトリクスGS1やQRコード(ISO/IEC 18004)の国際標準に準拠しているので、医薬品会社は導入にあたって、所有するバーコードシステムやプリンティングシステムを変更する必要が殆どありません。

完璧な管理・追跡が行えます

医薬品会社は自社から薬局までのサプライチェーンにおいて各医薬品の追跡データログを取る必要があります。

Pelta™と地理位置情報によって、全サプライチェーンのどこで誰がその出荷を認証したかが明確になります。 この管理・追跡ソフトウェアは大変柔軟性があり、フレキシブルAPIへの対応や、レガシーなソフトウェアやERPシステムへのプラグインも可能です。


医薬品の偽造や転用に対するアラートを発報します

アラート機能を設定できるので、医薬品の偽造や転用が簡単に特定できます。

医薬品会社のブランドを守ります

自社製品の偽造を防ぐことができるので、自社ブランドが守られます。

消費者を守ります

消費者は、購入前にスマートフォンでPelta™コードをスキャンすることができるので、その医薬品が本物かどうか認証できます。