Pelta™


ページマークの核となる偽造対策技術です




Pelta™は、業界標準の2次元コード(バーコード、QRコード、ドットコード、データマトリクス、Aztec、Maxicodeなど)をベースにした偽造対策技術です。

世界標準に準拠してますが、通常の2次元コードの機能が拡張され、標準のバーコードリーダーでは読み取ることのできない隠れたレイヤーが追加されます。 ここに蓄えらえた情報、Pelta™コードを用いて認証します。つまり、2次元コードを超えた能力を持つ偽造対策技術だと言えます。

Pelt™コードは独自フォーマットで暗号化されており、通常の2次元コードリーダーでは読み取ることができません。 ページマークの開発したモバイルまたはパソコン用のアプリケーションでのみ解読可能です。

一方、その他の情報は、標準の2次元コードと同様に読み取ることができます。 ここには物流情報やマーケティング情報が書き込まれ、スマートフォン上のスキャナアプリケーションで簡単に読み取ることができます。

この独自技術によって、Pelta™は商品やブランドの認証、物流追跡ソリューションとして使用できるのです。

Pelta™のライセンスを受けると、企業内部で使用するためのカスタムソフトウェアや、商品や文書の認証をスマートフォンで行えるスキャナアプリケーションを使用できます。

若い世代の間ではソーシャルメディアやスマートフォンでの広告などが伸びていますが、こういったメディアを活用したチャネルマーケティング戦略を行う上でも、投資効果があると言えます。

Pelta™コードに書き込むデータの例

  • 確認用の合言葉や文言

  • 外部とのリンク情報
    (行政官のみが知るような情報)

  • ロット情報や場所情報

  • 工場トラッキングコード

Pelta™のメリット

既存の業務に簡単に統合できます

2次元コードはブランド確立やブランド保護に必須になってきています。Pelta™は簡単に既存の業務に付け加えることができます。

対コスト効果の高い偽造防止ソリューションです

特殊なハードウェアは必要ありません。Pelta™はお客様の持つ既存のプリンターなどを使って、商品や文書に印刷できます。

商品や文書に対するユーザーからの信頼性が上がります

ユーザーはただスマートフォンのアプリを使うだけで、その商品や文書が本物かが分かります。

商品の偽造や商品保証の間違いを防ぎます

Pelta™ソリューションを導入し、商品のシリアルナンバーをPelta™コードに書き込むことで、製造年月や保証サービス情報の確認に利用できます。

ブランド管理に役立ちます

Pelta™のデジタル認証技術によって、オリジナル商品を偽造品や模造品と簡単に区別・確認することができ、ブランド管理に役立ちます

サプライチェーン管理の強化、商品確認がすばやく行えます

Pelta™のグローバル追跡技術と位置情報機能によって、サプライチェーン管理や商品の広がりの確認が可能になります。

ロイヤリティプログラムなどにも使え、顧客の認知を高めることができます

Pelta™を使って、商品購入のたびにその商品をスキャンすることで、顧客にインセンティブを提供するロイヤリティプログラムを実施できます。さらにソーシャルメディアやインターネットを使ってさらにマーケティングを強化することが可能です。