FAQ


ここではよくあるご質問についてお答えします


Pelta™は、一般の利用者には通常のQRコードとして機能し、スマートフォンに搭載されている一般のアプリケーションで読み取ることができます。一方、Pelta™を使用し商品を管理する人にとっては、一般の利用者には読み取れない隠れた追加情報があるQRコードとして機能します。

Pelta™では、QRコードやデータマトリクスなどの2次元コードの機能が拡張され、標準のバーコードリーダーでは読み取ることのできない、隠れたレイヤーが追加されます。ここに蓄えられた情報をPelta™コードと呼びます。このPelta™コードを用いて認証します。

Pelta™コードは専用のリーダーでしか読み取れません。さらにこのPelta™コードを生成し読み取るために使われるアルゴリズムは、それぞれのユーザーによって異なる128ビットの暗号キーで守られており、これによって安全を確保しています。

コピー防止は、ホログラム、コピー防止インク、紫外線インクなどの手段でできます。また、Pelta™は偽造されやすい標準の2次元コードとは異なり、認証能力の高さが証明されています。目に見えない情報である Pelta™コードを、製品や文書上に印字される情報と組み合わせることで、さらに安全性が向上します。

しています。Pelta™コードは、QRコードとおなじように、データマトリクスECC 200コードでも使うことが可能です。

偽造対策に最も役立ちます。もし、あなたのブランドの商品の偽造品や偽造文書が出回っていたり、商品が本物かどうかを確認する有効なツールを必要としているならば、Pelta™はそういうニーズに合致します。

さらに、一般の消費者の目に触れる情報と触れない情報とを一つのQRコードなどの2次元コードに持つような用途にも向いています。

用途や併用する他のセキュリティ機能により価格が異なります。お気軽にお問い合わせください。

2次元コードリーダーの規格に準拠した一般に使用されているリーダーで読み取れます。

Pelta™コード付きのQRコードは、スマートフォーンに搭載されている一般のQRコードリーダーアプリケーションで読むことができますが、 Pelta™コードの部分は読み取ることができません。Pelta™コードは、ページマークがスマートフォン、パソコン、カメラ用に開発した専用アプリケーションでのみ読み取ることができます。

ありません。ですので、従来のビジネスにすぐにフィットさせることができます。

できません。しかし、そういうニーズに応えられるオプションをご提供します。

Pelta™コードには商品管理に十分な情報量が入ります。情報量は2次元コードの種類(QRコード、データマトリックス、ドットコード)やそのサイズによります。

QRコードなどの2次元コードがコピーできるのであればコード全体としてコピーできます。しかし、Pelta™コードの情報は、ページマークの提供するアプリケーションでなければ読み取ることができません。また通常、Pelta™コードは、ホログラムなどのコピー防止ソリューションと併用されますので、コピー防止および偽造防止機能が強化されます。

通常は、オリジナルの文書の印刷や承認、IDやラベルの作成を行う部門が、バーコード情報とPelta™コードを作成し、印刷する画像を作成します。

300dpiかそれ以上が最適です。高くなればなるほど、印刷も鮮明になります。

ありません。標準の2次元コードであるQRコードやデータマトリクスECC 200に通常使われる方法であれば、 Pelta™でも使えます。